漆黒のヴィランズ:カットシーン早見表

【宮に咲くは毒の華:感想レビュー】ある意味、純粋な悪女の片思い話

こんにちわ。
漫画大好きウテナ(@k_natural_time)です。

本記事では、ピッコマ限定で連載されている「宮に咲くは毒の華」を紹介します。

本作品は、中国風の舞台で描かれる時代物の恋愛ロマンスで、

  • 綺麗な絵が好き
  • 韓国、中国ドラマが好き
  • ドロドロ系ストーリーが好き
  • いちゃつくだけの話に飽きた

こんな方にオススメ。

うてな

嫉妬に燃える女性は美しいのかもしれない。

宮に咲くは毒の華はどんな漫画かザックリ解説

うてな

極力ネタバレを含まずに、ザックリ解説します。

あらすじ

銀の国の太子「白秀英」には美しい容姿とは裏腹に自分が望むものは何をしてでも手に入れる執念深い一人娘「小華」がいた。
「小華」6歳の時、初めて訪れた宮殿で王子「」に出逢う。が、「言」はこの出逢いによって幾度も命の危険に晒される始末。
時は流れ、政治的な理由で11歳で側室になった「小華(妲己)」を「言」は遠ざけるばかり…
「言」のたった一人の女になりたい「妲己」は嫉妬と執着に目がくらみ乱暴をはたらく日々だが…?
「言」の皇妃になることだけを夢見た優雅で残酷な悪女の波乱万丈な人生の結末とは…!?

ピッコマより引用

政治的な理由で、側室になる

女性が好きな、おいしい設定の1つですね。

物語は、主人公「小華(=妲己)」と「」が出会う幼いころの回想シーンからスタート。

そして、2人は最悪な出会いを果たします。

なんと初対面で、王子である言を池に落としてしまうんですね。

その後も、小華は言の気を引くため・王妃になるために

  • 木から落とす
  • 大事なものを盗む
  • 蛇の入ったツボに手を入れさせる

など、相当なお転婆っぷりを発揮します。

うてな

主人公が普通に愛情表現できないのには、実は訳があるんですがそこは本編で・・・

大人になって側室になってからも、嫉妬に燃えて言のことを困らせる行動ばかり。

でも、言は怒りながらも、小華に対して透明人間のように扱い罰を与えません。

しかし、他国から貢物(人質)としてきた「悠々」が来てから、状況は変わっていきます。

今までは他の側室に嫌がらせをしても、気にも止めなかったレベルなのに、悠々に対しては、言が怒るんですね。

なぜなら、

言が悠々を気に入ってしまったから

ここで三角関係が発生。その後は3人の関係を巡って物語が進んでいきます。

主要登場人物

うてな

本作品に登場する主要登場人物の3人を紹介します。

小華(妲己)

とても美しく高貴な見た目とは裏腹に、中身はかなり残酷。

プライドがものすごく高く、弱ってるところを見せようとしません。

本当は誰よりも、ボロボロなのに・・・。

うてな

暴力的だけど、妲己は悪くないと思えてしまう。

父から王位を受け継ぎ、王となったイケメン。

妲己のことを「女として見ていない」と言いながら、矛盾した態度をとるところが腹ただしい。

自分の気持ちに気づいていないパターンです。

人質として送られてきた「雪蘭」を気に入り、妲己を責めるようになる。

うてな

おそらく読んでいると、このバカ男ーー!という気分になります。

悠々(雪蘭)

人質として連れてこられた姫「雪蘭(悠々)

おっとりした性格で、子供の頃から言のことを慕っていた。

後宮に入り、言と距離を縮めていくことで妲己の怒りをかってしまう。純情そう、大人しそうに見えて意外としたたか。

うてな

いい子過ぎて腹が立つパターンのキャラです。

ここが面白い

ハッピーエンドになる気配が微塵もない。

一進一退が続いたと思ったら、いきなりどん底に落とされるようなストーリーが繰り返されます。

ここ数ヶ月毎週のように読んでるんですが、読んでるほうのHPがゴリゴリ減らされていく感覚。

うてな

つまり、全くデレるシーンがない。

でも、すごく面白いんです。

次はどうなるんだろう?と予想ができるようで、できない。

いつかデレるシーンが来るんじゃないか?と期待してしまって、つい毎週読んでしまうそんな作品です。

うてな

毎回、そろそろあるだろ!?と思って読んでいます。

韓国ドラマチックなシナリオで、ほんと面白い。ただ、ストーリーの展開は遅いです。

実は、原作の漫画を読むとある程度ストーリーの流れが見れます。

悪女皇后」で検索すると出てきますが、海外のサイトなので自己責任でお読みください。

ただ中国語なので、絵と雰囲気で予想って感じです。

絵を見てきた感じでは、後宮を追い出された妲己が敏と一緒に露店のような場所で過ごしているシーンが出てきます。

そこに様子を見に来る言や緋恩。王妃が目の前だったのに、一般市民のように暮らす妲己が不憫です。

うてな

自分で追い出したくせに様子を見に来る言に腹立ちますw

宮に咲くは毒の華を読む方法

ピッコマ

ピッコマ

無料posted withアプリーチ

宮に咲くは毒の華は、ピッコマにて限定配信している作品です。

24時間に1話ずつ無料で読むことができます。

以上、「宮に咲くは毒の華」の感想・レビューでした。

うてな

昼ドラみたいでオススメですよ。

合わせて読みたい

愛を知らない悪魔と愛を求める少女の物語!森山絵凪「この愛は、異端。」1-3巻レビュー【漫画】「贄姫と獣の王」1ー9感感想。異種族との胸キュンができてオススメ【皇帝の一人娘:感想レビュー】イケメンと親子になる転生漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)