漆黒のヴィランズ:カットシーン早見表

【DQ11】ドゥーランダ山へ:プレイ日記17

 
こんにちわ!ウテナです。
「ドラクエ11 過ぎ去りし時を求めて」のプレイ日記です。
 
※ネタバレあり
 
 
グレイグと共にたどり着いたのは、
「ドゥーランダ山」
 
なんでも勇者にゆかりのある地だとか。
ここで魔王を倒すためのヒントを探すんですねっ
 
 
仏教っぽいかんじ。
 
 
 
なんでも神話の時代から勇者たちが、ここで修行をしていたのだとか!
 
 
山頂の聖域に行くと・・・
ちょっと見覚えのある服装で死んでるおじいさんが・・・
 
いや、ロウだろ!!:(;゙゚’ω゚’):
 
 
グレイグ・・
そういうキャラだったのか:(;゙゚’ω゚’):
 
好感度あがりまくりですねw
1番好きなキャラになってきてるかもw
 
 
不幸中の幸い・・・(?)
 
亡くなったのかと思いきや、まだ助かる可能性があるとの事で、主人公が冥府に行きロウを助けてくることに。
 
 
主人公、普通に育った少年だと思うんですがそこは勇者ですね!
なんでも出来ちゃうのがすごいです。
 
 
で、冥府。
なんとなくですがやはり色々な場面でドラクエ10ぽい雰囲気を感じますねw
 
 
 
美人・・・死神?と思いきや、
違うらしいです。
 
奥に行くとロウが修行しておりました!
 
 
女の人は、ロウの師匠。
ドゥランダ教のニマ大師だそうです。
 
ロウは修行の為にここに来ていますが
ニマ大師は命の大樹が崩壊の際に死んでしまっているそう(;´・ω・)
 
 
 
おじいさまを助けにきたのよ!
:(;゙゚’ω゚’):
 
ここで主人公も修行をする事に。
 
 
ロウは「グランドクロス」
主人公は「覇王剣」を使えるようになり、
 
2人合わせて「グランドネビュラ」を使えるようになりました!
 
そんな強い技だったのかー、
グランドネビュラって。
何かイメージ的にもうそんな強くないって感じが・・・ドラクエ10の影響!
 
 
つづく!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)